五金商机:中国のデジタル経済規模、世界2位 GDP比3割超

手机赚钱软件 www.beijingpenghui.com     「第1回デジタル中国建設サミット」でこのほど発表された「デジタル中国建設発展報告(2017年)」のデータによると、2017年の中国のデジタル経済の規模は27兆2千億元で、GDPの32.9%を占め、世界で2番目の規模となった。

    

    ロシアの通信社スプートニクが23日、中国メディアの情報として伝えたところによると、「デジタル中国建設発展報告(2017年)」は22日、第1回デジタル中国建設サミット開催地の福州で発表された。この報告書によると、「デジタル中国」は、新時代の国家の情報化の新戦略であり、経済や政治、文化などの各分野の情報化建設をカバーしている。2017年の中国のデジタル経済の規模は27兆2千億元に達し、前年比の伸びは20.3%で、GDP比は32.9%に達した。

    

    中国国家インターネット情報弁公室の楊小偉?副主任は、2017年のデジタル中国建設の発展状況として、中国は、集積回路やオペレーションシステムなどの基盤技術で追い上げを加速し、人工知能やビッグデータ、クラウドコンピューティング、モノのインターネットなどの先端技術の研究を進め、量子通信や高性能計算で大きなブレークスルーを実現したと語った。さらに世界最大の固定光ファイバーネットワークや4Gネットワークを完成させ、、IPv6の大規模配備も全面的に加速されたとした。

    

    楊副主任によると、中国のデジタル経済は世界2位の規模を誇り、デジタル経済と実体経済は深く融合し、供給側構造改革を力強く促進している。中国国内の情報技術の発明特許授権件数、ブロードバンドユーザーに占める光ファイバーユーザーの割合、固定ブロードバンドの世帯普及率、貧困村のブロードバンドネットワークカバー率の4項目の第13次5カ年計画(2016-2020)の目標は2017年末までに前倒しで達成された。

    

    中国各地の情報化発展水準の評価にょると、北京、広東、江蘇、浙江、上海、福建、天津、重慶、四川、湖北の10地方は情報化発展水準で中国をリードしている。

    

    楊副主任によると、デジタル経済の国際協力でも豊かな成果が上がっている。具体的には、▽「G20デジタル経済発展?協力イニシアティブ」「『一帯一路』(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)デジタル経済協力イニシアティブ」を提唱した▽通信企業が海外展開を加速し、世界170以上の国の情報インフラの建設に参加した▽「オンラインシルクロード」が初期的に形成され、「一帯一路」沿線12カ国と34本のクロスボーダー陸上ケーブルと多くの国際海底ケーブルを完成させた――などが挙げられる。

    

    楊副主任によると、デジタル中国の建設では今後、情報分野の中核技術でのブレークスルーを加速し、情報インフラの改善と高度化を進め、デジタル経済の発展を大いに推進し、情報資源の共有と開放という難題を解決し、情報化発展が人々にさらに恩恵を与えるようにし、ネットワークの安全保障能力をいっそう高め、情報化発展の環境と開放深化の体制をさらに整備する必要がある。

    

    

    

    (チャイナネット)


编辑:唐依婷